• 2018年8月15日
    毛髪を丈夫にするために
  • 2018年8月15日
    薄毛を改善する方法
  • 2018年8月15日
    薄毛の治療費と特徴
  • 2018年8月15日
    自分に適した植毛方法
  • 2018年8月15日
    髪の悩みの原因と対策
  • 2018年7月17日 未分類
    シャンプーで抜け毛予防
  • 2018年7月17日 未分類
    中高年者の脱毛対策
  • 2018年7月17日 未分類
    抜け毛の原因とは
  • 2018年7月17日 未分類
    発毛サイクルを促進
  • 2018年7月17日 未分類
    AGAに有効な内服薬とは

スカルプシャンプーとは、頭皮(スカルプ)ケアを目的に作られたシャンプーのことです。一般的に売られてるシャンプーは髪の毛を綺麗に洗い、一本一本を艶やかにコーティングする働きがありますが、スカルプシャンプーは頭皮環境を清潔にする働きがあります。 髪の毛が生える土壌である頭皮を常に清潔に保つことが、抜け毛予防において基本的なことです。スカルプシャンプーは地肌に優しいアミノ酸系や石けん系などの成分で出来ていて、頭皮をいたわりながら汚れをすっきり洗い落とすことができます。 また、丈夫で健康的な毛髪の育成にはある程度の皮脂も必要ですが、スカルプシャンプーは皮脂を取り過ぎないように優しく洗えるようになっています。

手軽に抜け毛対策

男性女性関わらず、抜け毛で悩んでいる人は意外と沢山います。最近は抜け毛予防ができる内服薬もあります。内服薬を使用するまで深刻な症状でなくても、市販されているスカルプシャンプーなら気軽に抜け毛予防ができます。 抜け毛予防に効果的な有効成分が配合されたスカルプシャンプーは数多く販売されています。男性ホルモンの抑制に効果的なプロペシアや、血行促進効果があるミノキシジルなどが配合されたスカルプシャンプーもあります。 スカルプシャンプーなら専門病院に行って本格的な薄毛治療をしなくても、普段使用しているシャンプーを変えるだけで簡単に抜け毛対策ができます。使用を継続することで薄毛の進行をストップさせることができます。

植毛の方法と技術の進歩

植毛には、自分の毛を薄い部分に植える自毛植毛と、人工毛を植える人工植毛があります。薄毛にもさまざまなタイプがあり、頭全体の髪の毛が薄い人もいれば、頭頂部や前頭部など、一部分が薄毛という人もいます。 一部分が薄毛の人の場合には、毛髪が多くある部分から、薄い部分に移植することができます。自分の毛髪を移植するので、拒否反応などによる炎症が少ないという特徴があります。また、定着した毛髪は、その後、普通に洗髪をしたり切ったりと、特別な手入れをする必要がないという特徴もあります。 頭全体の毛髪が薄い場合には、人工毛を利用することによって薄毛を解消することができます。人工毛は、好きな本数だけ植えることができるのがメリットです。定期的にメンテナンスが必要となりますが、誰でも髪の毛を増やすことができるのが特徴となっています。

技術は進歩しています

植毛は、植える時の向きなどによって、毛が生える方向が決まるなど、デリケートな部分があります。そのため、細心の注意が必要となります。 特に、自毛植毛の場合には、採取できる毛髪の本数が限られてくるため、定着率を高くするため技術が日夜研究されています。現在では、移植した毛髪の定着率が90%以上というクリニックなども多くあります。また、採取の方法も、帯状に切り取ってそれを切り分けて植える方法や、一本一本抜いていく方法など、さまざまなものがあります。 費用は、自毛植毛の方が高い傾向にありますが、人工植毛は、その後のメンテナンスにも費用が必要となります。植毛の具体的な費用は、移植する部分の広さなどによっても変わります。 研究は続けられているので、今後さらに、自然な感じになる、負担の少ない植毛の方法が開発される可能性もあります。

AGAは前頭部と頭頂部の毛髪が薄くなる症状の事で、ホルモンバランスの崩れが理由で発症します。人体の男性ホルモンは筋肉や骨の成長の他に毛を濃くする作用があります。しかし、前頭部や頭頂部は男性ホルモンにより毛髪が軟化してしまいます。ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが過剰分泌する事でAGAになるのです。》AGAは老化による薄毛とが異なります。老化による薄毛は、毛根の育毛能力の低下から起きる事ですが、AGAは、男性ホルモンの過剰分泌による毛根の発育阻害によって発症しますので、過剰分泌を抑える事ができれば、AGAは改善する事が出来るのです。改善の為には、身体調査の為に、病院での検診が必要になります。

発症短く改善長く

病院で検診・治療は具体的に何をするかはあまり知られていません。ですので、不安になる患者は多数存在します。病院で行う事は、大きく二つあります。一つ目は、身体調査です。男性ホルモンの過剰分泌はストレスと生活習慣が大きく影響しています。まず、患者の生活習慣とストレス状態を把握する事で、身体調査を行うのです。二つ目が頭皮の環境確認です。処方する薬には副作用があり、それは頭皮に影響を及ぼします。その為、頭皮を確認し副作用がどの位許容出来るのか確認するのです。また、病院での検診を基に処方された薬だけでは完治はしません。AGAの原因であるストレスと生活習慣が改善されないと完治しないのです。その為には病院への通院による改善のサポートが必要になるのです。

クリニックで薄毛対策

AGAになると、頭頂部や前頭部などの毛髪が局地的に抜け落ちてきます。AGAは男性ホルモンの影響によって起こります。中高年男性特有の症状ですが、今は若者でもAGAに悩んでいる人が増えていると言います。AGAという言葉が一般的に浸透しつつあり、皮膚科や専門クリニックで薄毛治療をすることに対して抵抗がない人も多くなっています。実際にAGA治療ができる医療機関では患者数が増加傾向にあります。医療機関での治療は、AGAに効果があるプロペシアなどの内服薬や外用薬、サプリメント等の処方がメインとなります。また、育毛メソセラピーなどの院内治療も希望すれば受けられます。さらに専門医によるカウンセリングや生活習慣のアドバイスも受けられます。

プロペシアで抜け毛予防

AGA治療に効果がある医薬品として知られているのが「プロペシア」です。プロペシアは、AGA外来がある総合病院やAGA治療専門のクリニックを受診すれば処方してもらえます。一か月分約8千円~1万円程で、総合病院なら3ヵ月分くらいまとめて処方してもらうこともできます。また、近所に適切な医療機関がない場合は、ネットの個人輸入代行サイトを使えば購入できます。ネットなら処方せんがなくても簡単に買えますが、本来ならば日本では医師の処方せんが必要な薬なので、内服する場合は自己責任になります。プロペシアは抜け毛予防に優れた効果があり、多くの人が薄毛を改善しています。しかし、効果が現れるまでは個人差があるので、最低3ヵ月は服用を継続することが大切です。

薄毛や抜け毛で悩んでいる方の多くは、早い段階で対策をすれば悩みを改善することが出来ます。しかし、頭頂部から薄毛が進行している場合には、自分自身で気づくことが難しく、対策が遅れてしまう場合があります。そうなると、育毛剤や育毛シャンプーで対策をすることが出来なくなってしまいますが、自毛植毛をすれば薄毛を改善することが出来ます。自毛植毛は自分自身の毛髪を利用する植毛で、髪の毛がある部分から髪の無い部分に移植します。この自毛植毛を利用すれば、自然な仕上がりの髪が手に入るので薄毛に悩んでいる方は利用してみましょう。また、自分の髪の毛を使用するのでアレルギー反応が起こる心配はありません。

自毛植毛を受けるには専門クリニックで診察を受ける必要があります。そのため、自毛植毛を考えている方は専門クリニックに連絡してみましょう。しかし、専門クリニックにより施術に掛かる費用が違うのでその点には注意しましょう。安いクリニックと高いクリニックを比べた場合、費用が10万円以上も開きが出る事があるので事前に調べる必要があります。調べるには色々な方法がありますが、一番簡単なのはインターネットを用いることでしょう。インターネットは自宅に居ながら利用することが出来ますし、空いた時間に使うことが出来ます。また、女性の場合には女性にも対応しているクリニックかも調べる必要があります。女性に対応しているクリニックは年々と増加していますが、それでもまだ浸透しているとは言えません。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • AGAに有効な内服薬とは
  • 発毛サイクルを促進
  • 抜け毛の原因とは
  • 中高年者の脱毛対策
  • シャンプーで抜け毛予防
  • 大都市での病院の探し方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。