• 2018年8月15日
    毛髪を丈夫にするために
  • 2018年8月15日
    薄毛を改善する方法
  • 2018年8月15日
    薄毛の治療費と特徴
  • 2018年8月15日
    自分に適した植毛方法
  • 2018年8月15日
    髪の悩みの原因と対策
  • 2018年7月17日 未分類
    シャンプーで抜け毛予防
  • 2018年7月17日 未分類
    中高年者の脱毛対策
  • 2018年7月17日 未分類
    抜け毛の原因とは
  • 2018年7月17日 未分類
    発毛サイクルを促進
  • 2018年7月17日 未分類
    AGAに有効な内服薬とは

フィナステリドはAGA治療薬として名古屋の皮膚科、AGA治療病院、薄毛治療病院などで使用されていますが、近年ではフィナステリドに代わってザガーロという薬を処方する病院が増えています。フィナステリドとザガーロはどちらもAGA治療薬ですがザガーロのほうが効果が高いといわれています。AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが毛髪の成長を阻害したことが原因で発症する脱毛症です。ジヒドロテストステロンは体内の男性ホルモンと頭皮に存在している酵素から作られています。つまり酵素の生成を抑制すればAGAの発症を予防することができるのです。酵素には酵素1型と2型という型がありフィナステリドとは酵素1型のみに作用していました。ザガーロは酵素1型2型のどちらにも作用して生成を抑制することができるのでフィナステリドよりも高い効果があるのです。ザガーロはカプセルタイプの薬で0.1mgと0.5mgの種類があります。1日に1カプセルを時間帯に関係なく服用します。ただし24時間おきに服用するようにして薬と薬の時間の間隔があかないように、時間を決めておくと飲み忘れ防止になります。名古屋の病院では個人のAGAの症状にあわせて0.1か0.5mgのザガーロを処方しています。個人差はありますが0.5mgのザガーロを半年程度服用すれば脱毛症状が治まり発毛効果があらわれることが判明しています。名古屋を始め全国の病院で処方されていますが、ザガーロは健康保険の適用されず自己負担になります。名古屋の病院では1度の処方で30カプセル入りが出されますので医師の指示に従って飲むようにしましょう。未成年や女性は服用することが出来ませんので注意しましょう。

薄毛の原因に合わせて選ぶ

髪の毛が薄くなってきたから育毛剤をと考えても、種類が豊富で何を購入すれば良いか悩むものです。口コミで評判が良かったから、売れているからといって購入すると失敗してしまうことがあるので注意しなくてはいけません。育毛剤は決して安いものではないので、お金を無駄にしないためにも、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。育毛剤の選択で最も大切なことは、自分の症状や原因に合ったものを見つけることです。全ての商品には配合されている成分がそれぞれ異なり、頭皮や毛髪に働きかける効果が変わってきます。例えば男性ホルモンの抑制や、毛髪が成長しやすい成分を含んでいたり、肌荒れを防ぐ保湿成分が多く配合されているなど実に様々です。自分の薄毛の原因が何に当てはまるか、頭皮をしっかり見て確認してから購入するようにします。また、良い効果をもたらしてくれるからといって、安全性を無視するわけにはいきません。成分によっては副作用や肌荒れを引き起こすものもあり、場合によっては薄毛が酷くなることも考えられるため、配合された成分を確かめたり、実際に使用した人の口コミなどを確認しましょう。中には天然成分だけで肌に優しいものもあるので、見極めることが肝心です。育毛剤のタイプは男性ホルモンの抑制、血行促進、毛母細胞を活性化、毛根に栄養を補給と大きく4つに分かれます。これに加えて特徴を複数持っている複合タイプも登場し、様々な頭皮の状態に対応できるものもありますが、範囲が広いと効果も薄くなる傾向にあるので、薄毛の原因を特定できたら1つのタイプに絞って使用するようにしましょう。

男性の薄毛は男性ホルモンが作用していますが、女性の場合は女性ホルモンのバランスの崩れが原因と言われています。なので、育毛剤を選ぶなら男性用の育毛剤ではなく、女性用の育毛剤を選ぶことが大切です。女性は髪の毛が抜けて生えなくなるというよりも、加齢とともに髪が細くなって、全体的に髪が薄い印象を与えます。髪が薄くなるのは、頭皮の血流が悪くなり栄養が十分に行きわたっていないからです。育毛剤は血行を良くし、また髪が生えるための栄養を備えているものを選ぶことをおススメします。近年は女性用の育毛剤も数多く市販されています。もちろん、肌の外側からだけでなく、内側からも栄養を補うことが大切です。その際は食事を改めるか、サプリメントを利用するといいです。

女性用の育毛剤は男性用に比べて、香りも工夫されていることが多いです。通常の整髪剤と変わらない程度の香りなので、周囲を気にせずに使うことが出来ます。育毛剤は数多く販売されていますが、それが化粧品扱いなのか、医薬部外品なのか、医薬品なのか、きちんと確認しておきます。医薬品は医師や薬剤師しか処方することができないので、一般の店舗では手に入りません。化粧品ははっきりとした医学的な検証を必要とせずに販売できますが、医薬部外品は効能を明記することを許されています。できれば、医薬部外品を選び、クリニックに行けるようなら医薬品の育毛剤を処方してもらいます。いずれにしても、育毛剤をつければ翌日から髪の毛が豊かになるというものではありません。体質改善には少なくとも1か月はかかります。じっくりと育毛に向き合うことが大切です。

確実に薄毛を解消する

愛知県名古屋市は東京や大阪と並んで、先端技術を誇る美容整形外科が数多く進出しており、植毛手術に関しても先進都市と言えるでしょう。技術力が高いだけでなく、交通の便が良好で通いやすいことから、名古屋のクリニックは遠方の患者にも人気があります。クリニックによっては宿泊施設を紹介したり、交通費を補助したりしているところもあります。植毛手術は最も確実に薄毛を解消できる手段のひとつですが、何と言っても費用が高く、また体に負担もかかるため、二の足を踏んでいる方も多いでしょう。名古屋には植毛以外にもメソセラピーやHARG療法など、各種の薄毛治療を実施しているクリニックが多く、ひとりひとりに最適な治療法をアドバイスしてくれます。

生きたままの毛根を移植

臓器移植はドナーから取り出した臓器を、生きたまま患者に移植しなければ成功しません。自毛植毛手術も同じことで、毛髪自体は生きていませんが、毛根の部分は採取したときには生きています。これを生きたまま植え付けることで、毛根を半永久的に定着させることができます。採取するとき毛根を傷つけたり、移植するまでに時間をかけすぎたりすると、定着率が低くなるので注意が必要です。毛根を傷つけず、かつ高速で大量に移植するためには、医師の高度な技術とともに、医療スタッフのチームワークが欠かせません。名古屋には先進的な技術を備えた、実績豊富なクリニックが多く、手術後のサポート体制も充実しています。手術後の傷跡を隠すための植毛手術も可能です。

薄毛は男性によく起こるというイメージを抱いている方は多いですが、女性の中にも薄毛の症状に悩まされている方は多くいます。抜け毛が増えてしまって地肌が見えてしまったり、分け目が大きくなってしまったり、ボリュームが少なくなってたりして理想のヘアースタイルが決まらなくなってしまいます。薄毛で悩まされている女性は、薄毛の原因と対策方法を知って髪型で楽しめていた日々を取り戻しましょう。
女性の薄毛に多くみられる原因として挙げられるのが不適切なケアで、頭皮の汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシ強くこすりすぎてしまい頭皮が乾燥して抜け毛が増えてしまうといったケースなどがみられます。また、シャンプーをした後のトリートメントを行なう際の頭皮に直接塗布してしまう方がいますが、トリートメントは毛穴の詰まりを引き起こす原因にもなりますので髪の毛だけに塗布するようにしましょう。
近年は女性の薄毛治療を行なっているクリニックも登場していますので、そのようなクリニックで専門家に診てもらうことも効果的な方法です。クリニックで行なわれている薄毛治療として挙げられるのが、髪の毛に必要なえいようせいぶんを摂取することが出来る薬を飲む服薬治療です。アミノ酸やタンパク質やビタミンといった成分や、毛髪成分を刺激する成分などを含んだ薬を飲むという薄毛治療が行なわれています。適切なケアを行ない、クリニックで薄毛治療を受けることによって女性の薄毛を改善することが出来ます。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • AGAに有効な内服薬とは
  • 発毛サイクルを促進
  • 抜け毛の原因とは
  • 中高年者の脱毛対策
  • シャンプーで抜け毛予防
  • 大都市での病院の探し方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。