• 2018年9月15日 未分類
    リラックスした環境で
  • 2018年9月15日 未分類
    薄毛の治療法
  • 2018年9月15日 未分類
    育毛のためにできる手段
  • 2018年9月15日 未分類
    地肌にやさしい成分
  • 2018年9月15日 未分類
    脱毛の問題に取組む診療科
  • 2018年8月15日 未分類
    毛髪を丈夫にするために
  • 2018年8月15日 未分類
    薄毛を改善する方法
  • 2018年8月15日 未分類
    薄毛の治療費と特徴
  • 2018年8月15日 未分類
    自分に適した植毛方法
  • 2018年8月15日 未分類
    髪の悩みの原因と対策

薄毛の悩みを抱えている人の中でも、治療費が気になる人も多いと思います。 薄毛の治療法には色々なものがあり、それによって費用も変わっていきます。 一つは栄養剤やホルモン剤の内服があります。これは効果が出るまでに3~6ヶ月と言われており、その長さによっては費用も異なってきます。一ヶ月分の費用は1万円以上はかかります。ですが治療法の中でも比較的安いほうなので費用にお悩みの方には最適です。 次に増毛ですが、これはまず初期費用が5~10万円近くかかります。その後に長年に渡るメンテナンス費用も必要なので、その点も把握しておく必要性があります。 そして植毛となると、人口毛髪の場合、髪の毛1本は300円と相場になっていて、狭い範囲だと6~20万円、全体的にやると60万近くにもなります。自分の髪を植え付ける場合は数百万と言われてます。

治療法による特徴

内服薬の特徴は、抜け毛を改善して発毛を促進させます。 男性の薄毛治療薬の場合はフィナステリドという成分が入っていて、抜け毛の原因である男性ホルモンの生成を抑制させることができます。 女性の場合は、パントテン酸カルシウムやビタミンB1などが含まれており、毛髪や頭皮を健康に保つための成分が入ってます。 長期に渡って服用しなければなりませんが、その時に胃腸障害や肝機能などの内臓への影響がある場合もあるので注意しておきましょう。 増毛の場合は先ほども言ったようにメンテナンスをしなければなりません。 植毛では、頭皮から拒否反応が出てしまったり、かぶれなどの症状が出る場合があるのですが、増毛と違いメンテナンスの必要がなく、薄毛の悩みを確実に改善できます。 どの治療をすればいいのかわからなくてお悩みの方は、必ず事前に医療機関などで無料カウンセリングを受けるようにしましょう。

30代になると肌だけでなく頭皮にも影響があらわれてきます。これは男性だけでなく女性も同様です。そのため、30代になってから髪の毛のボリュームが少なくなり始める人も多いです。30代女性がそのようなことになる要因としては女性ホルモンの減少が真っ先に挙げられます。特に、エストロゲンは35歳を超えたあたりから急速に減少します。他にも生活習慣の乱れとストレスの蓄積があります。30代になってから髪がパサつきやすくなったり、頭皮が脂っぽくなることを感じやすくなるのは、こうした理由があります。30代になったら女性用育毛剤を使用してきちんとケアをしてあげましょう。女性用育毛剤にはさまざまな種類がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

30代女性が使用するべき女性用育毛剤は、頭皮の血行促進効果をもたらすものがいいです。このような女性用育毛剤を使用すると、ストレスや生活習慣の乱れによって悪化した頭皮環境を整えてくれます。また、女性ホルモンの分泌を促すものもおすすめです。女性ホルモンの乱れを引き起こさせる出産を経験した女性ならわかりますが、女性ホルモンと毛髪は密接な関係性を持っています。ただし、女性ホルモンは減少するのは人によって差がありますし、近年は40歳になっても変わらないという人もいます。したがって、そのような人は血行促進タイプをまず使用してみてその結果を受けてから、女性ホルモンの補充タイプを使いましょう。女性ホルモンが減少しているかどうかは肌のハリとツヤを確認するとわかります。

日本皮膚科学会のガイドラインによれば、AGAの治療法として「強く勧められる」のはミノキシジルやフィナステリドで、「勧められる」のが自毛植毛手術となっています。AGAに効く薬を使っても増毛効果が見られない場合、自毛植毛は確実に髪を生やす最後の手段と言えるでしょう。移植元になる後頭部や側頭部の毛根は、AGAの原因となる男性ホルモンの影響を受けにくく、その性質は頭頂部に移植しても変わりません。したがってAGAの進行に関係なく、移植した毛髪は薄くならずに生え続けることになります。手術が必要なため、それなりに費用がかかる点はデメリットですが、高額な育毛サロンに通い続けるのに比べれば、極端に大きな出費とは言えません。

他の育毛法と組み合わせる

自毛植毛手術にかかる費用は、クリニックによってかなりの差がありますが、髪の毛1本あたりにすると500円~800円程度と計算されます。比較的狭い範囲に移植する場合は、合計数十万円の費用で済みますが、広い範囲だと百万円以上かかることも珍しくありません。ただし自分の毛髪を移植するため、無限に移植できるわけではありませんし、髪の毛全体の本数は変わりません。また一度定着すればメンテナンスは不要なので、トータルの費用は他の治療法より安くなる可能性があります。自毛植毛だけで全体をカバーすると高額になるため、生え際などの目立つ部分だけに植毛して、他の部分は治療薬やメソセラピーで対処し、コストパフォーマンスを上げる方法もあります。

私たちの体に起こりうるトラブルには様々なものがありますが、そのひとつに頭皮トラブル・毛髪トラブルが挙げられます。これには薄毛や抜け毛などがあり、そうなってしまうと頭皮がうっすら透けて見えてしまうようになり、これは見た目的によいものではありません。お辞儀をしたときなどに見えてしまうと格好悪いので、トラブルの中でも発症したくないものだといえます。しかし、日本人の中には薄毛や抜け毛で悩む人は数多くいます。大半は男性で、やはりホルモンの関係上頭皮が薄くなってしまう人が多いのです。薄毛を改善するためには毛髪の成長を促す必要があり、そのために有効なのは頭皮マッサージです。頭皮の血行が滞っていることで毛髪まで栄養が行き渡らず、それが毛髪の成長をストップさせている可能性があります。そこで頭皮マッサージをすることで血行がよくなり、毛髪1本1本に栄養を届けて薄毛や抜け毛を改善することができるのです。しかし、毛髪トラブルの原因はひとつだけではありません。ストレスや頭皮環境、また毛髪や頭皮に与えるダメージなど様々なことが原因で薄毛になってしまうケースも多いです。そのため育毛剤を使用し積極的に毛髪の成長を促すことが大切です。数ある育毛剤の中でも、フィンカーはとてもおすすめできるアイテムです。これは男性専用の育毛アイテムで、通販などを利用して購入することが可能です。育毛剤を購入する姿を見られたくないという人にもおすすめです。薄毛や抜け毛だけでなくAGAもしっかり改善することができるので、幅広い頭皮トラブル・毛髪トラブルに対応できるアイテムといえます。

AGA治療を行なう際には多少費用が高額になってしまっても、しっかりと医師と一緒に治療を試みたほうが良いとされています。なぜなら、AGAは男性ホルモンの変化によって起こる薄毛や抜毛の症状であるため、一般の育毛シャンプーや育毛剤の効果が薄いからです。まずは、なぜ男性ホルモンが原因で頭皮が薄くなってしまうのかを知りましょう。AGAによる薄毛は上記でも言いましたが、男性ホルモンが変化することによる発毛サイクルの乱れです。発毛サイクルは基本的に毛髪の成長期から退行期、休止期を得て抜けていくため、急に抜毛が激しくなってしまうことはありません。しかし脱毛症であるAGAはホルモンの影響によって髪の毛がしっかりと成長する前に休止期に入ってしまうので、髪の毛が抜けるサイクルが早くなってしまうのです。ホルモンの乱れは生活リズムを整えることで多少改善されますが、生活リズムを改善しても殆ど効果はないため、しっかりとした専門のクリニックでの治療を受けたほうが良いのです。

専門医が治療を行なってくれる専門のクリニックでAGA治療を受ける際には、一般の病院で診察を受ける際に医療費用を軽減することが出来る健康保険が適応されないため、費用は全額自己負担というのが一般的です。しかし、医師が薬を投与してくれるため、安全に治療を受けることが出来ます。薄毛の原因をしっかり突止めるために血液検査や遺伝子検査なども行なってくれるので、検査費用などを事前に調べてから検査を受けるようにしましょう。原因に合わせて治療を行なうことが出来るので、頭皮のためにも出来る限り受けるようにしましょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • 脱毛の問題に取組む診療科
  • 地肌にやさしい成分
  • 育毛のためにできる手段
  • 薄毛の治療法
  • リラックスした環境で
  • 薄毛の治療費と特徴
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。