• 2018年8月15日
    毛髪を丈夫にするために
  • 2018年8月15日
    薄毛を改善する方法
  • 2018年8月15日
    薄毛の治療費と特徴
  • 2018年8月15日
    自分に適した植毛方法
  • 2018年8月15日
    髪の悩みの原因と対策
  • 2018年7月17日 未分類
    シャンプーで抜け毛予防
  • 2018年7月17日 未分類
    中高年者の脱毛対策
  • 2018年7月17日 未分類
    抜け毛の原因とは
  • 2018年7月17日 未分類
    発毛サイクルを促進
  • 2018年7月17日 未分類
    AGAに有効な内服薬とは

キッカケは人によって違いますが、いつの間にか髪の毛のボリュームが減ってきて薄毛が進んでしまったという女性も少なくありません。頭皮へのダメージが原因で薄毛になることもあります。例えばヘアカラーなどを頻繁に行う人は頭皮にも負荷が掛かっています。特に市販の薬剤に関しては短時間で効果が出るようにと強めの薬剤を使用しているので、頭皮にまで影響を及ぼしてしまいます。感覚を空けずに行うとより負担が掛かってしまい抜け毛が増加しますから注意しましょう。普段から頭皮にダメージを与えているという自覚のある人は頭皮ケアとして育毛剤や育毛シャンプーを使用してみてください。低刺激で頭皮に育毛成分を与えることが出来るのです。

日頃の生活習慣の見直し

生活習慣の乱れから薄毛が進行する可能性もあります。女性だからと言って髪の毛が薄くならないことはありませんから、生活習慣を一度見直す必要があります。特にアルコールやタバコを摂取する習慣がある人は注意が必要です。髪の毛への栄養の妨げにもなってしまいますし、髪に潤いやハリなどを保たせる成分も減少してしまいますから、薄毛にならなくても髪質が悪くなってしまいます。また女性の身体にとってはマイナスになってしまうことも多いので、心当たりのある方は注意してください。女性の薄毛は男性よりも深刻になるケースが多いので、もし薄毛が進行してどうすることも出来ない場合は専門クリニックを受診してください。別の原因が隠されている可能性もあります。

女の方の抜け毛の要因とは

女性の薄毛は、ホルモンのバランス状態の悪化が際立った理由といえます。その原因についても、老化現象や体調を悪化させるようなストレス、そして生活習慣の乱調などを挙げることが出来ます。 男性の方々の薄毛は、男性ホルモンの作用が大きいですが、女性が薄毛になる原因は数多くあります。 女性の事情として体感しやすいのは、加齢現象によるものといえます。 年を重ねることでホルモンバランスがアンバランスになると、薄毛が生じます。ほとんどのケースでは40歳くらいで突如髪の弱化を感じる女性が少なくありません。 一般的に考えて、まず第一に髪の弾力性やコシがなくなってきます。 少したってから、薄毛、さらに抜け毛などの症状が明白化してきます。

ホルモンの変調も関係

女性のホルモンにおけるバランス状態は非常に過敏なので、体調を悪化させるようなストレスは薄毛の非常に大きい要因となってきます。 老化現象そして悪影響を及ぼす日常生活と互いに作用しあって、抜け毛が増えることになると、一層メンタル的に限界状態になって神経過敏になる場合が少なくありません。 しかしながらいつもどおりに暮らしていても、毛髪は1日にかなり抜けて抜け替わるものといえ、そこに老化などが加わって悪化していきます。また、女性特有の子供を産んだ後の抜毛に不安を抱えている女性が見受けられます。 子供の誕生後には不具合なくても、数か月後にたちまち毛髪が抜け出すなど、変調はさまざまあります。子供を産んだ後は、ホルモンバランスが異常をきたしやすく、抜け毛が多くなります。

様々な原因を知る

多くの女性は、現在において薄毛に苦悩しているとされています。女性ホルモンとされるものにエストロゲンがあります。 エストロゲンは卵巣から生み出される女性ならではのホルモンになります。 月経のサイクルにしたがって生み出されるので排卵日の寸前が一番生み出されるとされています。 これに関しては老いを感じさせないボディを維持してくれるホルモンで別の呼び名で美人ホルモンと言われています。 こちらのエストロゲンは素肌にハリが生じたり、あるいは毛髪に艶やかさが出たり、髪の毛の成育を促すので、若い年齢を維持する為にはエストロゲンをできる限りキープしていかないとなりません。 しかしながらエストロゲンは年をとるにつれて少なくなっていくのですが、40を超えると急激に低減します。 エストロゲンの落ち込みにより毛髪の本数が減少したり、毛髪そのものが細くなる為、薄毛に結び付きます。

ダイエットとの関係性

髪の分け目もしくは頭頂部サイドから希薄化するいわゆるびまん性脱毛症が40代の女の人達にけっこう多い薄毛の原因と考えられるものです。これは、やはり加齢が関係しています。 また、女性ならどんな人でもダイエットの経験をすると想定されます。 ダイエットと言いますが食事内容を健康的にする様な食事制限法やエアロビクス等は懸念材料ではありません。 安定が失われた食事をとっている方が秩序あるダイエットをすることはいいのですが、懸案事項は度を越したダイエットになります。 体重を減らしたい為に、食物を抜いたりして栄養状態が悪化すると自律神経のバランス状態も正常に動かなくなり、その結果女性ホルモンのエストロゲンも形成されづらくなり減少させていきますので薄毛に繋がります。

女性が薄毛に悩みを持っているという場合、どのクリニックに通えば良いか分からない人も多いのではないでしょうか。もし、更年期障害のような症状がみられるという場合には、まずは婦人科クリニックを受診し、薄毛に関する悩みを相談するようにしましょう。婦人科であれば、薄毛以外にも様々な更年期障害の症状に対して相談をすることが出来ます。もし、更年期障害の症状が見られず、薄毛などの頭髪の問題に悩んでいるという場合には、皮膚科クリニックを選ぶようにしましょう。女性の薄毛や抜け毛の原因は非常に多く、治療方法が確立しているというわけではありませんが、頭皮や頭髪がどのような状態にあるかをチェックすることにより、適している治療方法の提案を受けることが出来ます。

個人輸入は危険

女性の薄毛や抜け毛に対する治療を行っているクリニックでも、治療方法が同じであるとは限りません。治療に対する考え方や費用はクリニックにより、異なりますので、治療開始前に確認するようにしましょう。また、男性用の育毛剤などを女性が使用した場合には、重大な副作用が生じる可能性がありますので、注意が必要です。近年では、通常であればクリニックで処方される医薬品を個人輸入という方法で気軽に購入することが出来るようになりましたが、知識のないままに服用した場合には、体調に支障をきたす可能性がありますので、避けるようにしましょう。なお、何科を受診すればよいか分からないという場合には、かかりつけ医に相談した上で、適しているクリニックを紹介してもらうという方法もあります。

市販品との違い

髪の毛に関する悩みを相談することが出来るクリニックとしては、皮膚科があります。また、近年では脱毛症外来や毛髪外来など、毛髪に関する治療を専門的に行っている診療科が設けられている総合病院などもあります。薄毛や抜け毛は男性だけが悩まされるものではありません。近年は、女性でも薄毛や抜け毛に悩まされている人も多くいるようです。女性の抜け毛や薄毛に関しては、原因が多く、治療をするためには原因を明確にする必要があります。女性の薄毛や抜け毛の原因が出産などの女性ホルモンの大きな変化によるものであれば、自然に治るということもあるかもしれませんが、基本的に自然に治るということはありませんので、少しでも気になることがあれば、早めにクリニックに相談することが大切です。

効果に違いがある

クリニックで行われる治療法としては、診察や検査を行った上で、一人ひとりの状態に合わせた方法が提案されますが、一般的には塗り薬や飲み薬が使用されるようです。塗り薬については、頭皮の炎症を抑えたり、毛母細胞を活性化を目的に使用され、飲み薬では女性ホルモンのバランスの改善、栄養補給などを目的として使用されます。クリニックにより、治療方法に違いがある場合もありますが、市販されている育毛剤や発毛剤に比べて、高い効果を得ることが出来ることが多いとして人気を集めています。ただし、使用する内服薬などの成分によっては、頭髪だけではなく、全身の体毛が濃くなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。医師と相談しながら、治療を行うようにしましょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • AGAに有効な内服薬とは
  • 発毛サイクルを促進
  • 抜け毛の原因とは
  • 中高年者の脱毛対策
  • シャンプーで抜け毛予防
  • 大都市での病院の探し方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。